知っておきたい株知識

-基礎から学べる株式投資の初心者入門サイト-

株の知識を増やそう

気配値がおかしい!SQとは何か

SQとは

SQとはSpecialQuotationの略で特別清算指数とも呼ばれています。

SQは日経225先物や225オプション取引などを決済するための清算価格のことを表しています。毎月第2金曜日がSQ算出の日となっていて、この日のことをSQ日と呼びます。日経225先物のSQは3月、6月、9月、12月だけとなっており、これらの月のSQをメジャーSQと呼びます。

 

 

SQ日は寄り前気配が異常になる

色々な銘柄で気配値がおかしかったら、SQ日を疑ってみましょう。

SQ値の算出日である毎月第2金曜日は、前場寄り付きにかけて大量の買い注文と売り注文が入ります。そのため時価総額の大きい企業の株であっても、ストップ高気配になっていたり、ストップ安気配になっていることが多々あります。

この異常気配は、大抵の場合寄り付き前に解消されます。多少の荒れ方はあるものの、妥当な水準で取引が始まることがほとんどですので、急いで売買する必要はありません。SQ算出日に持ち株がストップ安気配になっていても慌てず、冷静さを保っておきましょう。

 

 

不当な株価から利益を狙ってみよう

前項で説明した通り、気配値が異常でも始値は割と妥当な水準に落ち着きます。しかし、まれに想定外な安い始値や高い始値をつける場合もあります。そういった場合は寄り付いたあと、急速に株価が戻る可能性が高いです。不当に安く始まったり高く始まったりすることを見越してあらかじめ指値注文しておけば、かなり有利な株価で約定することもあるかもしれません。

狙い通り約定したあと株価が戻って含み益になったら、すぐに利益確定してしまっても良いですし、そのまま利を伸ばしてみるのも良いでしょう。毎回チャンスがあるとは限りませんが、準備しているのとしていないのでは明確に差が出ます。小さなところから利益を狙ってみることが大切です。

スポンサーリンク

-株の知識を増やそう