知っておきたい株知識

-基礎から学べる株式投資の初心者入門サイト-

ファンダメンタル

PBRと株価の関係性

PBRとは

PBR(Price Book-value Ratio)とは株価純資産倍率のことで、株価を一株当たりの純資産で割ることによって算出されます。PBRは「ぴーびーあーる」と読むのが一般的です。

 

PBR(株価純資産倍率) = 株価 ÷ 一株当たり純資産(BPS)

 

PBRを見ることによって、株価が一株当たり純資産の何倍の水準まで買われているのかがわかります。一般的にはPBRが低ければ低いほど割安と判断でき、PBRが高ければ高いほど割高と判断することができます。

例:PBR0.5倍(割安) << PBR2.0倍(割高)

 

 

一株当たり純資産とは

企業が解散したときに株主が受け取れる一株当たりのお金が、一株当たり純資産です。言い換えれば、企業の一株当たりの解散価値を表しているということです。

PBR1倍の株式を保有していた場合、企業が解散したときに株価と同程度の金額が受け取れる(一株当たり)ということになります。

つまりPBRが1倍を下回っているなら、現時点での企業価値から考えると割安だと言えるでしょう。

ただし、純資産はあくまで帳簿上のものであり、時価ではないという点に注意しなければなりません。例えば、企業が保有している設備などを売却するとしても帳簿上の価格で売却できるとは限りません。実際に売却すれば帳簿価格より安い場合もありますので、その際には純資産が減少してしまうのです。

PBRを見る時は、それらのことも加味しながら考えていく必要があります。

 

 

将来性を考えて判断しよう

先にも書いた通り、PBRは現時点での企業価値をもとに算出されています。今後の業績が赤字になり純資産が減少することも考えられます。そのため、業績の悪い企業の株はPBRが低い水準になっていることが多いです。

反対に、業績が良化していくであろう企業や成長過程の企業の株は、今後の純資産増加を見込んでPBRが高い水準まで買われていることがあります。純資産が増えればPBRは下がっていきますので、これも自然な流れと言えるでしょう。

以上のことからわかるように、単純にPBRの数字だけ見て判断すると、失敗をする可能性が高いです。PBRはファンダメンタル分析をする際の判断材料の一つとしては十分に役に立ちますが、PBR単体を見て投資対象を決めるのは避けた方がよいでしょう。

 

スポンサーリンク

-ファンダメンタル