知っておきたい株知識

-基礎から学べる株式投資の初心者入門サイト-

証券会社選び

NISAについて

NISAとは

NISA(少額投資非課税制度)とは、個人投資家のための優遇税制制度のことです。個人投資家の裾野を広げることや、金融に関心をもってもらうことを目的として、少額でも投資を始められやすいように優遇税制がとられています。

NISA口座では、年間120万円の非課税投資枠が設けられていて、株式や投資信託などの譲渡益(売買益)が非課税となります。(2015年までは年間100万円の非課税枠でした)

 

 

NISAの特徴

利用条件

国内に住んでいる満20歳以上の人がNISA口座を利用することができます。20歳未満(0~19歳)の人はジュニアNISA口座を利用することができます。ジュニアNISAでは年間80万円までが非課税となります。

 

一人につき一口座

NISA口座は一人につき一口座しか持つことができません。複数の証券会社にNISA口座を持つことはできませんので、覚えておきましょう。

 

 

損益通算はできない

NISA口座で損失が出てしまっても、他の口座との損益通算はできません。

 

年間120万円まで5年間非課税

NISA口座では、年間120万円までの投資ができます。その120万円の投資で得られる利益は5年間非課税となります。5年間が経過したら新たなNISA枠に移動させるか、一般口座や特定口座などの課税口座に移すことになります。

翌年には新たに120万円の非課税投資枠が設定されますので、非課税となる投資総額は最大で600万円までとなります。

NISAは平成35年まで行われる予定になっています。平成35年に利用したNISA枠は平成39年まで非課税となります。

 

投資枠の繰り越し、再利用はできない

NISAの非課税投資枠を翌年に繰り越すことはできません。毎年決まって120万円の投資枠となります。

また、投資枠の株式や投資信託を売却しても、売却部分の非課税投資枠は再利用することはできません。このことから、NISA口座は短期売買には向いておらず、長期投資に向いています。

 

 

非課税になるとどのくらいお得なのか

NISAでは毎年120万円の非課税投資枠があります。この120万円をフル使って株を買い、その銘柄の株価が1.5倍になった場合、60万円の利益となります。現在の譲渡益税は20.315%なので、60万円の20.315%である121,890円が本来課税される金額となりますが、NISA口座ではそれが非課税になります。

また、NISA口座で買い付けた企業の株が配当金を出している場合には、配当金も非課税になります。ただし、配当金の受け取り方法を株式数比例配分方式にしている必要があります。

配当金について詳しく知りたい方は別ページをご覧ください。

 

 

NISA口座開設の仕方

NISAの口座を開設するためには、まず証券会社に口座を開いておく必要があります。その上でNISA口座開設の申し込みをすれば、NISAを利用できるようになります。

総合口座を開設するとき、同時にNISA口座も開設できる証券会社もあります。

スポンサーリンク

-証券会社選び