知っておきたい株知識

-基礎から学べる株式投資の初心者入門サイト-

株式投資全般

小型株の空売りは危ない。時価総額をよく見よう

売りは命まで

『買いは家まで、売りは命まで』という相場の格言があります。

この格言は株の信用取引のことを指しています。信用買いをしていると家を失うほどの損失を出す可能性があり、信用売り(空売り)をしていると命まで奪われる可能性がある、という意味です。もちろん、実際に命が奪われるわけではありませんが、借金を背負いまともな生活ができなくなる可能性があります。

それほど、空売りは危険なものなのです。

 

買いより空売りが危険な理由

株価はどんなに下がっても1円までです(1円ですら売れなくなることもあります)。したがって買いポジションの場合は、株を買った時点で最大損失額が決まっています。

対して、空売りは株価が上がれば上がるほど損失が増えていく取引方法です。株価には上限がありませんから、最大でどれだけ損をするのかはわかりません。買い戻し、つまりポジションを閉じれば損失を確定できると思うかもしれませんが、値がつかずにストップ高が続いてしまうことになってしまうと買い戻すこともできません。際限なく上がり続ければ、何千万円でも何億円でも損失が出てしまう可能性があるのです。

このように危険と言われている空売りの中でも、最も危ないのが小型株の空売りです。

 

小型株の空売りがなぜ危ないか

小型株とは時価総額の小さい銘柄や、浮動株が少なく流動性が小さい銘柄のことを指します。

このような銘柄は値動きがとても軽いため、ちょっとした株価材料が引き金となって株価が2倍、3倍、それ以上になることも少なくありません。安いところで空売りしてしまっていたら大損してしまうということは考えるまでもないでしょう。浮動株が少ないと売り物がほとんど出ない場合もあり、特別買い気配のまま何営業日も寄らない(ザラ場で売買が成立しない)ということもありえます。そうなれば損切りすることさえもできません。

また、一度火の付いた小型株はマネーゲーム化しやすく、妥当な株価よりも遥かに大きく値上がりすることがあります。いつか妥当な水準まで戻ってくるだろうと思っていても、それが何か月、何年先かはわかりません。撤退できるのであれば、損切りする判断も大切になってきます。

 

それでも小型株の空売りがしたいなら

どうしても小型株を空売りしたいというのであれば、適切なロットコントロールをするように心がけましょう。空売りするのは資金の10%だけと決めていれば、例え空売った銘柄の株価が5倍になろうと借金までいくことはありません。

 

一概に空売りが危険というわけではありません。機関投資家など投資のプロフェッショナルも空売りを利用しています。

少なくとも、株式投資を始めて日の浅いうちに小型株の空売りするのは避けたほうが良いでしょう。どういった銘柄を空売りするのが危険なのか、どういった値動きをすることがあるのか等、ある程度の経験と知識を得てからでも遅くはないと思います。

スポンサーリンク

-株式投資全般