知っておきたい株知識

-基礎から学べる株式投資の初心者入門サイト-

売買手法

逆日歩発表時間を狙った買いポジションで儲ける手法

逆日歩とは

逆日歩(ぎゃくひぶ)とは、空売り数量が多くなり株が不足した時に、株を貸してくれている人に支払う手数料のことです。わかりやすく書くと、信用売り(空売り)を持ち越した人が信用買いを持ち越した人に支払う料金のことです。

詳しいことは逆日歩関連の記事に書いてありますので、そちらを参考にしてください。

 

逆日歩の発表時間は?

逆日歩は日証金のサイトで公表されます。公表時間はその日によって異なりますが、おおよそ午前10時30分前後に更新されます。その時間帯にはアクセスが殺到するため、日証金のサイトが繋がりづらくなることもあります。

公表された逆日歩は、前営業日に信用売り(空売り)持ち越していた投資家に対してかかってきます

 

 

逆日歩の額によって株価が変動する

逆日歩狙いの買いを入れる

高額の逆日歩がつけば、それを嫌った売り方が買い戻し注文(返済買い注文)を出します。それに乗じて短期の利幅を狙った買い注文や、売り方の踏み上げなどにより大きく株価が上昇することがあります。

その値動きを狙ってあらかじめ買いポジションを構築しておくことによって、下から上まで大きな利幅を狙うことができます。ただし、逆日歩が思ったほどつかなかった場合は反対に失望売りが出ることもありますので、注意しておきたいところです。

 

高額逆日歩がつきやすい条件

高額の逆日歩がつく条件としては、前営業日に大量の空売り注文が入っていることが条件として挙げられます。ただし、信用買いも大量に入っていた場合には相殺されてしまい、株不足が発生しませんので、信用売りの株数が信用買いの株数を大きく上回っている必要があります。

このような信用取引の取り組み状況は証券会社の取引ツールから確認することができます。

例:SBI証券のHYPERSBI
HYPERSBIの信用取り組み情報

 

貸株の残高が返済されていない信用売り(空売り)の株数を表していて、融資の残高が返済されていない信用買いの株数を表しています。ただし、全ての注文がこの数字に反映されているわけではなく、あくまで証券会社が日証金に融資、貸株をした数となっています。証券会社内で信用買いと信用売りの注文を相殺し、不足分を日証金に投げているという仕組みです。

貸株の残高が融資の残高を大きく上回ってくると、日証金は貸し出す株が足りなくなってくるため、貸株に対して逆日歩をつけます。株不足が顕著になればなるほど逆日歩が高くなる傾向にあるため、貸借比率が低ければ低いほど逆日歩が高くなりやすいということになります。

 

そしてもう一つ、逆日歩がつきやすくなる条件があります。それは株券が調達しづらいことです。発行済み株式総数自体が少ない場合や、貸してくれそうな大株主がいない場合には株券の調達が困難になり、逆日歩がつきやすくなります。

これらの情報をチェックして高額逆日歩がつきそうなのかを判断していきましょう。

スポンサーリンク

-売買手法