知っておきたい株知識

-基礎から学べる株式投資の初心者入門サイト-

証券会社選び

GMOクリック証券

GMOクリック証券の概要

 

会社名 GMOクリック証券株式会社
設立 2005年10月28日
所在地 東京都渋谷区桜丘町20-1渋谷インフォスタワー

 

 

取引手数料

現物取引 約定代金10万円 約定代金100万円 約定代金1000万円
95円 470円 960円

 

信用取引 約定代金10万円 約定代金100万円 約定代金1000万円
100円 100円 0円

 

 

取扱商品・サービス

信用取引 投資信託 IPO
(新規公開株)
PO
(公募売出)
単元未満株 貸株サービス
× × ×
米国株 中国株 商品先物取引 日経225先物 立会外分売 モバイル対応
× × × ×
FX CFD 債券 NISA
 ○

 

 

即時入金サービス

即時入金サービスを利用すると、リアルタイムで口座への入金が反映されます。

入金手数料は無料です。

即時入金サービス提携金融機関
ゆうちょ銀行 みずほ銀行 三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行 りそな銀行
住信SBIネット銀行 楽天銀行 ジャパンネット銀行 セブン銀行 ソニー銀行
×
イオン銀行 じぶん銀行 スルガ銀行
× ×

 

 

GMOクリック証券の特徴

業界最安値水準の手数料

大手ネット証券の中では手数料の安さがトップレベルです。手数料は安いのですが、サービス内容やツールの作りなどが劣っているということは全くないので安心して利用することができます。

手数料の安さは投資パフォーマンスに直結してくるため、意識の高い投資家に好まれる傾向があるようです。とくに短期売買をする投資家は取引回数が多くなるため、手数料を節約することが大切になってきます。そのため、手数料の安さと信頼性の両立ができているGMOクリック証券の需要が高まっています。

 

FXの取引高シェアが世界一

GMOクリック証券はFX(外国為替証拠金取引)にも大きな力を入れています。2012年から2015年まで4年間連続で年間FX取引高(売買代金)が世界第一位になっています。

株取引をすると同時にFXもやりたいと思っている投資家の人は、GMOクリック証券を選ぶと良いでしょう。株とFX、どちらとも個人投資家に人気がある証券会社ですので、間違いありません。

 

CFD取引

CFDでは、日本株の他に海外の株価指数や原油、金、コーンなど広範囲のジャンルが取引対象となります。株式投資以外にも手広く取引したいと考えている方にはCFD取引がオススメです。また、海外株式のCFD取引は夜間に行われていますので、日中に仕事をしている人でも帰宅後に株価を見ながら取引をすることができます。

大手ネット証券会社でもCFD取引ができるところは限られていますので、GMOクリック証券は貴重な存在となっています。

スポンサーリンク

-証券会社選び