知っておきたい株知識

-基礎から学べる株式投資の初心者入門サイト-

株の知識を増やそう

株の5%ルール。大株主は大量保有報告書を提出しなければならない

5%ルールとは

上場企業の発行済み株式数の5%を超える株式を保有している株主(大量保有者)は、大量保有者になった日から5営業日以内に大量保有報告書を提出しなければいけません。このことを5%ルールと呼んでいます。

本人だけで5%以上保有している場合はもちろんのこと、親子会社や夫婦での保有など、共同で保有している場合にも共同保有者と合算して保有割合を計算し、その上で5%以上になる場合には報告書の提出義務が生じます。

 

また、大量保有報告書を提出後、所有割合に1%以上増減があった場合には変更報告書の提出義務があります。

一般庶民が発行済み株式総数の5%も保有することはなかなかできませんが、5%ルールというものがあるということは覚えておきましょう。

 

 

大量保有報告書の閲覧

大量保有報告書を提出するためにはEDINETを利用する必要があります。インターネット経由で提出することが義務付けられており、書面での提出は認められていません。

EDINETは誰でも閲覧可能になっていますので、EDINETに載っている大量保有報告書や変更報告書を閲覧することによって大株主の動向を知ることができます。それを売買の参考として活かすこともできるので、保有銘柄の大株主情報には気を配っておくと良いでしょう。

EDINET

 

 

提出しなかった際の罰則

大量保有報告書や、その変更報告書を提出期限(5営業日以内)までに提出しなかった場合や、虚偽の記載があった場合には課徴金の対象となります。

課徴金の額は、対象株式等の時価総額の10万分の1となっています。違反行為が繰り返された場合には課徴金が加算される制度もありますので、ご注意ください。

また、金融商品取引法違反にもあたり、5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金に処し、又はこれを併科されることがありますので、5%ルールに該当する場合には必ず報告書を提出しましょう。

スポンサーリンク

-株の知識を増やそう